読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kくんという友人がいた。

学校ではほとんど目立たない正確だった。

背が大きかったから、そういう意味では目立っていたけれど。

小6の終わりくらいからギターを弾き始めた。

そんな流れも含んで、Kくんの家にいった。

ギターを聞いた。すごいと思った。

自分がずっと練習していることを、やすやすと飛び越えていた。

なんなんだこの差は。才能か?

当時はyoutubeもなかったから、どうやって弾いたらいいのかなんてだれも教えてくれない。知ることもできなかった。

ただひたすら自分でやるしかなかった。

幸いにもMVがあったので、そのビデオを何度も何度も見た。

でもやっぱりそこで聞いているような音は出せない。

そりゃーアンプを通しているから当たり前なのだけれど、そんなことは知識としては知らない。

才能にあこがれていた。