読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友人のやられ具合

中学生

中学生時代は友人と呼べる人は少なかった気がする。

そのうちの一人。

そこそこやんちゃしていた。

そいつが、たまたまどこかほかの地区にいって、帰ってきたことがあった。

顔をぼこぼこにされていた。

どれだけ殴られたんだろう。

今思うと、自分は絶対にそういうところにはいかないだろうな、と思う。

良くも悪くも計算高いのだ。

だからふっきれないところもあるのかもしれない。

それをバランスと呼ぶのかもしれないけれど、結局いつも中途半端だったような気もする。