読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛乳の買い出し

父の背は低い。

なぜ背が低いのが嫌だと感じたのだろう。

よく覚えていないけれど、とにかく背を伸ばしたかった。

だから、たくさん煮干しを食べたし、牛乳も飲んだ。

一時は1日に2本なくなるんじゃないかっていうくらい飲んだ。

そして、週に2回ほど、牛乳を売りに来ていたトラックがマンションに来ていた。

おそらく牛乳だけ売っていたわけではないと思うけれど、トラックが来ると、そこまで買いに出かけたことを憶えている。

親と買い物にいった記憶はあまりない。母が働いていたからかな。

生協をとっていたことを憶えている。

ウインナーが独特だった気がする。

あぁだからあまり買い物に出かけた記憶がないのかもしれない。

だから、生協でも牛乳は買っていたと思うんだけどな・・・

間に合わなかったのかな。

いずれにせよ、必死に背を伸ばそうとしていたことは確かだと思う。