読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の遊びと部活

小学生

私の小学校では、夏と冬の部活が違った。

運動部でいえば、夏は野球部か水泳部。

冬がサッカー部かバスケ部だった気がする。

そのころはまだJリーグなどなく、もっぱら野球が人気。

それにもれず私も野球部にはいった。

よく考えると放課後家に帰ってからも、自宅であるマンションで、マンション仲間とよく野球をしていた。

4階以上にいけば、ホームランとかそういうルールを決めてやっていた気がする。

今考えると、結構ぞっとする。

野球をやる場所は駐車場。当然、打ったボールが車に当たったりすることもあった。もちろん軟らかいボールではあるけれど、今であれば、確実につるし上げにされるような気がする。

もしかしたら、今も子どもたちは大人の目を盗んでやっているのかな?

いや、でもうちのマンションは監視カメラがついているから無理だろうな~。

まぁいいや。そうやって小学校のころの野球遊びはやっていた。

確か小5のときには野球部にはいった。レギュラーにはなれなかったけれど、運動神経がそこそこよかった私は、なんとかメンバーにはいって、ユニホームをもらえて、グラウンドに立てることもあった。ただ、これは写真をみて覚えているだけなので、なんともいえない。

夏の野球の練習はきつかった覚えがある。

でも、それよりも覚えているいるのは、なにかで休憩していたときに、部活の先生から野球のボールを投げつけられたことだ。

今となっては私が悪かったのか先生の理不尽な行動だったのかは覚えていないが、投げつけられたときのことは覚えている。怒りというよりも、びっくりだった気がする。

自分がサウスポーだったので、なんとかピッチャーになれないかな、とも思っていた。左利きということが武器になるということはこのときはじめて知ったのかもしれない。

ちなみにこのころの七夕の短冊には、中日ドラゴンズの谷沢か大島がホームラン王になれ!というようなことを書いたような気がする。

ただ、次の年は野球部には入らず水泳部に入った・・・

今思えばなんでだろうと思う。そのあたりの水泳のことに関してはまた次回。