読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課のあそび

小学生のころは、よくドッジボールをしていた。

放課が始まると、ダッシュで校庭へ。

ドッジボールに最適な場所があり、そこを取に行っていた。

基本的に私はライン際でボールをキャッチするということをやっていた気がする。

投げ方もいろいろ工夫していた気がする。

一回転回って投げたり、サイドスローにしてみたりしていた。

また、サンパンもよくやっていた。鬼がボールをもって、ボールを弾ませ、3回バウンドする間にみんな逃げる。

そして、そこから、ボールを持って相手を当てに行く。

歩く歩数制限もあった気がする。

ほかに放課の遊びといったら、ハンドベース。

ボールを手で打つというものだ。

そのころはキックベースではなかったな。

これもハンドベースができる場所というのは限られているから、よく走って場所を鳥居にいった気がする。

思いっきり打ったりもしたけっど、バントとかもしていたな~。

左利きだったということあり、めずらしい感じだったので、ピッチャーもよくやっていた気がする。

ドッジボール、さんぱん、ハンドベース。

これが主な放課の遊びだった気がする。

すごく楽しみにやっていた気がする。

あと、なわとびの季節はなわとびをやっていたし、部活もいろいろあったな~。

そのあたりは今後。